大切なキッズの歯のための子供歯磨きのブリアン

大切なキッズの歯のための子供歯磨きのブリアン

大切なキッズの歯のための子供歯磨きのブリアン

メディアでも話題に沸騰の子供歯磨きのブリアンは、子供の乳歯や永久歯を、ブラッシングで虫歯から守るための新しい習慣です。虫歯菌は非常に厄介なものであり、子供に移ると大変ではありますが、虫歯から子供の歯を守るために役立ちます。子供歯磨きのブリアンは無添加であり、国内での生産なので安心があります。

 

購入方法はドラッグストアではなく、通信販売での購入が出来ます。新聞や有名なインターネットのサイトでも紹介をされていますし、多数のメディアでも掲載をされている商品です。

 

ブリアンのお得な購入方法

繰り返しやすい子供の虫歯対策として、虫歯予防コースでの注文をすることもできます。虫歯予防コースでの注文をすると、初回限定での大幅な割引が適用をされます。虫歯予防コースはお得な定期配送のコースとなり、7大特典がセットになります。全国発送の送料は無料になりますし、代引き購入の場合の手数料も無料です。

 

定期コースは特別に割引プライスになるので、商品価格は30%も割引になります。購入をするのが不安だとしても、60日韓の遠近保障がありますし、配達周期は自由に変更ができます。継続して3ヶ月目以降も、商品は10%オフでの購入ができますし、家族割で500円オフもできます。

 

定期配送の虫歯予防コースの場合だと、初回限定で3,919円という49%の割り引きが適用です。2回目以降は30%オフになり、3回目以降だとプラチナ会委員特典になるので、4,482円での購入になります。効果の実感をするためにも、虫歯予防コースは2ヶ月以上の継続が条件です。

 

子供の虫歯問題は、親の頭を悩ませる問題にもなります。親がそもそも虫歯が多いために、子供の虫歯も心配になりますし、永久歯が虫歯にならないかも、親としては心配になります。子供によっては歯磨きを嫌がるキッズもいますし、仕上げ磨きが完璧かの自信がない親もいます。

 

正しいハミガキの仕方がわからないとか、子供の虫歯に親が責任を感じることもあるものです。でも歯ブラシだけでは、子供の虫歯はなくなることはありません。

 

いくらセルフの歯ブラシをしても、100%の虫歯菌の除去はできないのも理由の一つです。泡の出る界面活性剤や発泡剤は、磨き残しが多くなりやすいです。流行りのフッ素をしているため、子供は虫歯にならないというのは、過信でしかありません。かわいい子供の虫歯を予防するためには、キッズが嫌がることのない、歯磨きの習慣にしていく必要があります。

 

ブリアンの凄いところ

子供たちの虫歯予防のために生まれたのが、子供歯磨きのブリアンです。BLIS配合の乳酸菌系歯磨き粉であり、ブリスM18の善玉菌を採用しています。この乳酸菌はニュージーランドの大学の研究所で発見をされた乳酸菌であり、虫歯予防のために採用をしています。ブリスM18の乳酸菌は、虫歯菌の餌となる歯垢まで取り除くという仕事をしてくれます。

 

虫歯菌は歯磨きでの磨き残しである、歯垢を好み餌としています。だから歯磨きが行き届かない口腔内には歯垢が残りますし、それは虫歯菌を増殖させる要因となります。500μmにも満たない細かい粒子が特徴のブリスM18ですので、歯磨きの際に歯茎や歯と歯の間まで、しっかりと入り込んで汚れを取り去る仕事をするいことができます。

 

普段の歯ブラシでは届きにくい場所が口腔内にはありますが、そんな歯垢までも小さなブリスM18であれば、除去をすることが簡単にできてしまいます。ブリスM18の粒子というのは、わずか0.5nm以下ですので、本当に細かい粒子です。

 

歯がまだ生え始めた時期からも使用できるのは、粉の歯磨き粉になっているからです。一般的は歯磨き粉はペースト状でありますが、あえて形状を粉状にしているために、小さな子供でも問題なく歯磨きに使用することができます。

 

いつもの歯磨きの時に使うことで、汚れも歯垢も取り除くことができますので、キッズの虫歯予防には最適なケアをすることができます。乳幼児の場合はママの指に清潔なガーゼを巻きつけて、そこに粉末をつけて乳幼児の歯を磨くと効果的なケアになります。

 

うがいのできない子供にも安心であるのは、お口をケアの後にゆすぐ必要がないためです。使い方は簡単であり、1日に2回から3回程度を目安にします。小皿や手のひらに粉を乗せて、歯ブラシを少しだけ水で濡らして使います。

 

歯ブラシはたくさんの水分ではなく、毛先を少し水で濡らして、粉末を毛先に付けて使用をします。時間としては2分から3分程を目安に、歯のブラッシングを行います。そのあとは水で口をゆすがないで、唾液をそのまま出すだけでも大丈夫です。

 

ブリスM18が生きているままでお口に届くというのは、殺菌剤を使用していないためです。唾液連鎖球菌の一種であるのがブリスM18であり、熱や殺菌剤にも弱いです。ブリスM18は生きたままでお口に届けることが出来るので、界面活性剤や発泡剤に殺菌剤も一切使用はしていません

 

大切なキッズの歯のための子供歯磨きのブリアン