子供に適した歯磨き粉の選び方

子供に適した歯磨き粉の選び方

子供に適した歯磨き粉の選び方

子供のうちから歯磨きの習慣をつけることはとても大切です。乳歯から永久歯に生え変わるまでも、抜けかわるからといって、虫歯になっても構わないというようなわけではありません。乳歯の虫歯は永久歯にも影響を与える可能性があるだけではなく、なにより、歯磨きの習慣が身に付かないで大人になってしまう可能性もあるので、やはり、小さなころから規則正しく歯磨きを続けるようにしたいものです。

 

そうはいっても、まだ小さいうちから、歯磨きの習慣をつけることは、なかなか大変な場合も多いものです。個人差もありますが、なかには、口に歯ブラシを入れたり、歯を磨くこと自体を極端に嫌がってしまうケースもあるようです。そのような時にも、歯ブラシや歯磨き粉などの選び方で歯磨きをスムーズに行うことができるきっかけにもなるので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

 

ドラッグストアやスーパーに行けば、たくさんの種類の歯磨き粉が並んでいます。これらの中から、お気に入りを探してみるのも楽しいものです。まだ、歯磨きに慣れないうちには、日替わりで今日はぶどう味、明日はいちご味など、楽しみを作って磨くようにするのも効果的といえます。

 

歯磨き粉が泡立つのはなぜ?

ただし、子供用の製品は、大人用とは違って、ミントなどが含まれていないことが多いので、突然、大人用のものを使うのは避けた方がよいといえます。また、通常のものは、発泡剤や研磨剤が含まれているものがほとんどです。発泡剤は、歯ブラシで磨くと泡が立つ性質をもっています。

 

なんのために泡を立てる必要があるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、発泡剤の入っていないタイプを使用してみると違いがわかることでしょう。発泡剤が入っている方は、口の中で泡立つので、液垂れが少なく、長い時間、歯を磨き続けることも可能です。

 

それに対し、発泡剤の入っていない方は、歯ブラシにつけて磨いても、すぐになくなってしまうような感覚を受けることもあることでしょう。発泡剤が入っている方がよいのか、そうでないのかは、個人の好みにもよるところが大きいといえますが、乳歯や生えたばかりの永久歯を磨くにあたっては、必ずしも必要ある成分ではないともいえます。

 

なぜなら、発泡剤が入っていると、歯の一本一本を丁寧に磨くことが難しくなる場合もあるからです。また、研磨剤についても、メリットとデメリットがあります。研磨剤というものは、歯の表面を研磨するということですから、通常、磨いた時に比べると、歯が研磨され、白く感じたり、磨き心地がしっかりと感じられるでしょう。

 

しかし、歯の表面にはエナメル層があり、それを必要以上に研磨してしまうと、エナメル層がはがれることにもなってしまい、虫歯になりやすい状態になってしまう場合もあります。歯の表面にたばこのヤニがついて気になっていたり、ひんぱんにコーヒーや紅茶を飲んでいるような場合には、歯にそのような汚れが沈着しているので、それを除去するために、研磨剤が必要となる場合もありますが、生えたばかりの乳歯や、永久歯には必要のない成分ともいえます。

 

研磨剤の含まれたもので磨き続けると、やわらかい乳歯などは、特に虫歯になりやすい状態になってしまう可能性もあるでしょう。

 

子供に適した歯磨きの選び方って何?

ですから、子供に適した歯磨きの選び方としては、研磨剤や発泡剤が含まれていないものを選ぶようにしたいものです。また、せっかくであれば、歯や歯茎に良い成分が配合されているものを選ぶと歯茎の健康を保つこともできるのでおすすめです。

 

スーパーやドラッグストアでは、なかなか売っていないのですが、ヒノキチオールなどが含まれた製品もあり、さわやかな磨き心地で歯や歯茎の健康を保つことにも役立ちます。幼児でも、甘いものを食べるようになれば、当然、虫歯などの心配は出てくるものです。

 

また、時間をかけてお口のお手入れができないような場合には、さらに虫歯だけでなく歯肉炎などにもなりやすくなってしまいます。ですから、ある程度、ぶどう味やいちご味のものに慣れてきたら、次は歯や歯茎の健康に効果がある天然の成分が含まれたものを選んで、小さいころから慣れておくようにすると大きくなって、自分で歯を磨くようになった時にも安心といえます。

 

そのような良質な製品は、最近では、インターネット上のショップからも手軽に購入することができるようになっています。小さい商品の場合には、送料が割高になってしまわないか、心配になってしまう人もいることでしょうが、お店によっては、小型の商品は定形外郵便などの方法で送ってもらうこともできる場合があるので、確認してみるとよいでしょう。

 

送料がかかる場合でも、良い商品は続けて使うことになるので、複数個をまとめて注文するのも結果としてはお得になるので賢い方法ともいえます。もし、はじめのうちは、歯磨き粉をつけて磨くのを嫌がる場合には、無理強いをせず、少量から慣らしていくことも大切です。