子供の虫歯予防のために

子供の虫歯予防のために

子供の虫歯予防のために

現代は食べ物の豊富な時代で、小さい頃からおいしくて甘いものが食べられます。家だけで食べさせないようにしていても、ジュースや飴をもらうことがあります。それらはできるだけ子供に「食べさせないこと」が一番いいです。しかし、食べさせないわけにもいかないので、食べたらとりあえずは水を飲ませて、口の中をきれいにします。

 

虫歯になる原因は、砂糖の取りすぎと食事の回数なのです。ジュースにはたくさんの砂糖が使われています。ジュースを最初のうちからあげないことは基本となります。赤ちゃんのころの母乳以外の水分は水や麦茶等の味のないものです。その水分補給を継続するようにします。年齢が高くなっても、そのルールは崩さずに、ジュースは特別な時だけにするべきです。

 

飴も砂糖の塊のようなもので、長時間口の中に入れます。飴を噛んでしまう子も多く、噛んだ飴は歯の隙間に入り込みます。いくら頑張って歯磨きしていても、砂糖だらけの物を食べていれば意味はなくなります。

 

また、食事の回数を多くすると、危険性が高まります。食事は朝、昼、晩、間食1回、あるいは2回と決めて、それ以外の時間は与えないようにします。口の中は唾液が自然にばい菌を退治するようにできているわけですが、食事の回数が多いと、それができないままになってしまいます。基本的な食習慣は大事です。

 

食事以外の時間に何か欲しがったら、とりあえずはキシリトール入りのガムを噛ませましょう。キシリトールは予防に良いと歯科医も推奨しています。色んな味がでていますので、食べやすくておいしいガムを選びます。また、噛むことは、あごを発達させます。昔はスルメやせんべいをよく食べたようですが、現代は噛む習慣が減っている子供が非常に多いです。

 

あごが発達していないために、歯と歯の間がほぼあいていません。これでは食べ物が歯と歯の間に詰まってしまい、リスクが高まります。ガムを噛むことで、あごの発達を促すことが可能です。ガムはある程度の時間は噛んでいますので間食防止にもなります。

 

年齢が小さい場合でも、言葉が通じる場合には、「飲み込んじゃだめだよ」と伝えて、親が付いているところでガムを噛ませる練習をします。砂糖ばかり入ったお菓子を食べさせるより、はるかにガムは優れています。

 

虫歯予防ではやはり歯磨きが大事

また、それ以外に大事なのが歯磨きです、「食べたら磨く」が基本です。歯磨きはある程度歯が生えたら始めましょう。まだ乳児の時期にはとても小さい歯なので、ガーゼで拭けば十分です、歯がある程度生えそろい、離乳食が順調になってきたら、歯磨きの習慣をつけましょう。大人がやっていることを大抵真似したがるので、一緒にやってもいいです。

 

赤ちゃん用の小さな歯ブラシが売っていますので、親がみているところで遊ばせて、磨いてみましょう。一人でやらせると危ないので、必ずついているようにします。赤ちゃんは最初、歯ブラシを噛んで遊んでいるだけなので、親が仕上げに磨いてあげます。赤ちゃんを仰向けに寝かせて、口を開けさせて痛くないように磨いてあげます。

 

前歯は気を付けないと、糸のようになっているところを傷つけてしまうので、その部分をおさえながら磨いてあげましょう。最初に嫌がってしまうと大変なので、親も遊び感覚で歌を歌いながら楽しい気持ちで磨いてあげるようにします。「あーお口がきれいになって、ばい菌バイバイだね!」と言って幼児にも歯磨きが良いことを教えましょう

 

歯磨き粉などでしっかり虫歯予防
年齢が高くなり、入園するころには自分で磨くようになります。うがいができる場合には歯磨き粉も使って磨きましょう。ただ、幼稚園等では使用していないので、無理に使う必要はありません。使いたがったら、子供と一緒に選びにいきましょう。味が色々あって、ぶどうやメロン、いちごなどがあります。

 

キャラクターの商品もあります。歯磨き粉にもキシリトールは入っているので、予防になります。夜の歯磨きは習慣化して、「磨いたら寝る」というサイクルを作りましょう。自分で磨くようになっても、磨き方はかなり雑になります。必ず最後は親が仕上げをしましょう。仕上げのやり方は、口を大きく開けさせて親も指を入れて、一本ずつ丁寧に磨きます。

 

歯ブラシを動かしすぎないで磨くのがポイントです。虫歯になりやすい場合はフロスも使用するといいでしょう。案外前歯をちゃんと磨いているのに、虫歯になることは多いです。気を付けてあげましょう。

 

一番いいのは、歯科医のアドバイスを聞くことです。可能であれば、小さいうちに一度は歯科を受診しましょう。大きくなってから行くと、すごい勢いで泣いてしまって大変な子もいます。歯医者は怖いところではないと教えることができます。

 

そのうえで、先生に歯磨きについてアドバイスをもらったら、定期検診の相談をすることも可能です。歯は一生使う大事なものです。入れ歯等にならないよう、いつまでも自分の歯で食べられるように考えてあげましょう。